シーンや洋服に合わせてファンデーションを変えるのがおすすめ

ツヤ感を出すにはクッションファンデーションがおすすめ

シーンや洋服に合わせてファンデーションを変えるのがおすすめ

ファンデーション

ファンデの種類

今現在では様々な種類のファンデーションが販売されています。パウダーファンデ、リキッドファンデ、クリームファンデなどです。その効果やメリットは様々ですが、そのとき演出したいイメージに合わせてファンデーションをかえるとより理想のイメージに近づけるのでおすすめです。

今話題なのは

韓国コスメから流行のきっかけとなったクッションファンデーションは手軽さやツヤ感をきれいに演出できることから人気が高まってきています。リキッドファンデでは出せなかったムラのないツヤ感がほしい方にはおすすめです。

クッションファンデーションの魅力

下地がいらない

日焼け止めや保湿クリーム、下地クリーム、ファンデーションなどがひとつになったオールインワンファンデーションのようにクッションファンデーションも下地が要りません。いつものスキンケアが終わったらそのままファンデーションをつけるだけとメイクのプロセスを短縮できるのはとてもありがたいポイントですよね。

ムラの無いツヤ感を出せる

クッションファンデーションを使ううえで最も優れているといわれるのがツヤ感です。ムラにならずきれいに塗れて、またよれたり厚塗りにもならないので化粧もちもいいのが特徴です。そして他のファンデーションよりも水水分量が多いので乾燥を防ぐ効果もあります。

圧倒的なカバー力

クッションファンデーションは、日焼け止めクリームや下地クリームの要素も併せ持つので絶大なカバー力を発揮します。そのカバー力はリキッドファンデーションに並ぶといわれています。またカバー力が高いので何度も重ね塗りをして厚くなってしまったということも防げます。

シミやそばかすを隠すことができる

お肌のシミやそばかす、ニキビ跡などをクッションファンデーションなら隠して綺麗に見せることができます。お肌に自信がない方でも、クッションファンデーションを使用することでお肌に自信を持つことができ、表情も明るく見せることができます。

衛生面に注意

ケースにパフを入れたままの状態になってしまうクッションファンデーションは衛生面にも気をつけなければなりません。使用するたびにパフには汗や皮脂などの汚れが付着していきます。さらに水分量が多いので雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。10~14日に1度洗うなどしてこまめに手入れしましょう。

広告募集中